GIMP ロングシャドウを付けてみよう

GIMP ロングシャドウを付けてみよう

WEBなどのフラットデザインで、文字や図形、アイコンなどに長い影が付いた画像をよく見かけると思います。この立体感を表現する長い影のことをロングシャドウと言います。今回は、GIMPのフィルター機能を使って簡単にロングシャドウを付ける方法をご紹介します。

それではさっそく、やってみましょう。

スポンサーリンク

GIMPで文字などにロングシャドウを付ける方法

GIMPを使って、文字や画像などにロングシャドウ(長い影)を付ける作業はとっても簡単です。下の手順に沿って、いっしょに進めてみましょう。

ロングシャドウ以外の影を付ける方法

テキストツールを選ぼう

いつものようにGIMPを起動したら、新しい画像を作成するか長い影を付けたい画像を開きましょう。

Link簡単に画像を開くことができます。GIMP 画像を簡単に開いてみよう【初心者ナビ】

キャンバスを開いたら、ツールボックスから「テキストテキストツールアイコン」ツールを選びましょう。

ここでは背景レイヤーの色を水色にしています。

Linkツールボックスの表示設定はGIMP ツールボックスの設定をしてみよう
テキストツールを選択

文字を入力しよう

「テキスト」ツールを選んだら、フォントやサイズ、色などを設定してキャンバスに文字を入力しましょう。

Linkテキストツールの詳しい使い方はGIMP 文字を入力してみよう【初心者ナビ】
キャンバスに文字を入力

ロングシャドウ(長い影)を付けよう

文字を入力することができたら、メニューバーからフィルター照明と投影ロングシャドウをクリックしましょう。

ロングシャドウを選択

ロングシャドウダイアログが開きます。プレビューを見ながら、影の色、角度、長さの設定をしましょう。

長い影の設定

Long Shadow

  • Angle: 影の角度を設定することができます。
  • Length: 影の長さを調整することができます。
  • Color: 影の色を設定することができます。

影の角度

影の角度を調整中

イメージしているロングシャドウの設定ができたら「OK」をクリックして確定しましょう。

ロングシャドウを確定

出来上がり

これで文字にロングシャドウ(長い影)を付けることができました。

文字にロングシャドウを付けたサンプル画像

もちろん、切り抜いた画像などにも影を付けることができます。

Link人物を切り抜きたいときはGIMPで画像を切り抜くいろいろな方法
切り抜いた画像に長い影

ロングシャドウのスタイルを変えてみよう

ロングシャドウにはいくつかのオプション設定があり、長い影のスタイルを変えることができます。

ロングシャドウのスタイルを設定

Finite

影のスタイルを「Finite」に選ぶことで、レイヤーサイズより影を大きく作成することができます。適用後は影の大きさに合わせてレイヤーサイズが変更されます。

Finiteのサンプル

Infinite

影のスタイルを「Infinite」に選ぶことで、レイヤーサイズ内で影を作成することができます。適用後のレイヤーサイズは変わりません。

Infiniteのサンプル

Fading

影のスタイルを「Fading」に選ぶことで、レイヤーサイズ内でフェードのかかった影を作成することができます。適用後のレイヤーサイズは変わりません。

Fadingのサンプル

Fading(fixed length)

影のスタイルを「Fading(fixed length)」に選ぶことで、フェードのかかった影をレイヤーサイズより大きく作成することができます。適用後は影の大きさに合わせてレイヤーサイズが変更されます。

Fading(fixed length)のサンプル
スポンサーリンク

文字を透過してロングシャドウを付けてみよう

ここでは文字を透過(透明)にして、長い影を付ける方法をご紹介します。

レイヤーグループを作成しよう

キャンバスを開いたら、メニューバーからレイヤー新しいレイヤーグループをクリックして新しいレイヤーグループを作成しましょう。

新しいレイヤーグループを選択

文字を入力しよう

新しいレイヤーグループを作成したら、ツールボックスから「テキストテキストツールアイコン」ツールを選び、キャンバスに文字を入力しましょう。

Linkキャンバスの真ん中に文字を置きたいときはGIMP 画像の真ん中にテキストを配置してみよう
文字を入力

テキストレイヤーを複製しよう

文字を入力したら、GIMPのシングルウィンドウモード初期設定では右下にある、レイヤーダイアログのテキストレイヤーの上にマウスポインタを持っていき右クリックして、レイヤーの複製をクリックしましょう。

レイヤーの複製を選択

レイヤーモードを設定しよう

つぎに、複製したテキストレイヤーがアクティブ(選択中)になってることを確認して、レイヤーモードを「消しゴム」にしましょう。

Linkレイヤーモードの設定はGIMP レイヤーモード
レイヤーモードを消しゴムに

文字のふちだけ残そう

こんどは、はじめに文字を入力したテキストレイヤーをアクティブ(選択中)にして、メニューバーからフィルターぼかしメディアンぼかしをクリックしましょう。

メディアンぼかしを選択

メディアンぼかしダイアログが開きます。Alpha percentileを「100.00」Abyss policyを「None」に設定して「OK」をクリックしましょう。

メディアンぼかしの設定

ロングシャドウ(長い影)を付けよう

さいごに、メニューバーからフィルター照明と投影ロングシャドウをクリックしましょう。

ロングシャドウを選択

ロングシャドウダイアログが開きます。プレビューを見ながら影の角度、長さ、色を設定し、イメージ通りにできたら「OK」をクリックしましょう。

ロングシャドウの設定

出来上がり

これで透過(透明に)した文字に長い影を付けることができました。

透過した文字に長い影を付けたサンプル画像

おわりに

GIMPのフィルター機能「ロングシャドウ」で長い影を付ける方法をご紹介しました。このフィルター機能は、アルファチャンネルを追加した画像レイヤーに有効です。ぜひ試してみてくださいね。

合わせて読みたい
よろしければシェアお願いします
同じカテゴリーのコンテンツ一覧