GIMP レイヤーダイアログの操作【初心者ナビ】

GIMP レイヤーダイアログの操作

GIMPのレイヤー操作が難しすぎて上手く使いこなせないって思っていませんか?GIMPを使い始めて、誰もが一度は戸惑う操作の一つですね。今回は、レイヤーダイアログからの基本的なレイヤー操作をご紹介します。レイヤーの各操作を覚えて、GIMPを使いこなしてみましょう。

スポンサーリンク

レイヤーの仕組み

GIMPで画像を編集または加工したり作成するときは、レイヤーを重ねて1つの画像を完成させていきます。

Linkレイヤー機能のおさらいGIMP レイヤーモード
各パーツごとに分けることができます。
レイヤーの仕組み

レイヤーの操作

GIMPのレイヤーダイアログでは、すべてのレイヤーが一覧で表示しています。ここで、各レイヤーを表示・非表示の切り替え、レイヤーの順番を入れ替え、追加、削除、複製(コピー)など、いろいろな操作を行うことができます。

レイヤーダイアログが見当たらない場合は、キーボードのCtrl+Lを押すと表示されます。

モード

レイヤーモードの設定を変更することで、レイヤー同士の合成に効果をつけることができます。

Linkレイヤーモードの詳しい使い方はGIMP レイヤーモード
レイヤーモードの設定

不透明度

アクティブ(選択中)なレイヤーの透明度を、スライダーまたは上下の矢印ボタン(スピンボタン)で調整することができます。

不透明度を調整

保護

アクティブ(選択中)なレイヤーに、「ピクセルをロック」「位置とサイズをロック」「透明部分をロック」を個別に設定することで、誤った編集を防ぐことができます。

すべてのピクセルを保護

ピクセルのロックを有効にすることで、ブラシなどの描画ツールからの画像編集作業ができなくなります。

ピクセルのロックを有効

位置とサイズを保護

位置とサイズのロックを有効にすることで、統合変形移動拡大・縮小剪断変形鏡像反転遠近法、3D変換、ハンドル変形ツールでの画像編集作業ができなくなります。

位置とサイズのロックを有効

透明部分を保護

透明部分にロックをかけることで、透明部分の画像編集作業ができなくなります。

透明部分にロックをかける

新しいレイヤーを追加

アクティブ(選択中)なレイヤーの上に、新しいレイヤーを作成することができます。

レイヤーを右クリックして、メニューから「新しいレイヤーの追加」をクリックすることもできます。
新しいレイヤーを追加するボタン

レイヤーグループ

複数のレイヤーをグループ化することで、まとめて移動、非表示、変形させたりすることができるようになります。

LinkGIMPツールの詳しい使い方はGIMPの使い方【初心者ナビ】
レイヤーグループを追加するボタン

グループ化したレイヤーをまとめて移動するときは、移動ツールを選び、キーボードのShiftキーを押しながらドラッグします。

Link移動ツールの詳しい使い方はGIMP 移動ツールの使い方【初心者ナビ】
グループ化したレイヤーをまとめて移動

レイヤーの順番を変更

レイヤーの順番変えたいときは、動かしたいレイヤーにマウスポインタを持っていき、ドラッグして順番を変えることができます。

レイヤーを移動したサンプル画像

また、移動したいレイヤーをアクティブ(選択中)にして、矢印アイコンをクリックすることでも動かすことができます。

キーボードのShiftキーを押しながらクリックすることで、最前面または最背面にレイヤーを移動することができます。
レイヤーを移動するボタン

複製

アクティブ(選択中)なレイヤーを複製することができます。複製したレイヤーはアクティブ(選択中)のレイヤー上に作成され、レイヤー名には「コピー #番号」が付きます。

複製したいレイヤーの上で右クリックして、メニューから「レイヤーの複製」をクリックすることもできます。
複製したレイヤーのサンプル

レイヤーを統合

アクティブ(選択中)なレイヤーのすぐ下にある複数のレイヤーを一つのレイヤーにまとめることができます。

統合するボタン

レイヤーマスクを追加

アクティブ(選択中)のレイヤーにレイヤーマスクを追加することで、元画像を編集することなく、画像の一部を表示したり非表示にすることができるようになる機能です。画像を合成するときに便利です。

Linkレイヤーマスクの詳しい使い方はGIMP レイヤーマスクの追加と使い方
Link合成するときはGIMP 画像を合成してみよう
レイヤーマスクを追加するボタン

レイヤーを削除

アクティブ(選択中)なレイヤーを削除することができます。

削除したいレイヤーの上で右クリックして、メニューから「レイヤーの削除」をクリックすることもできます。
レイヤーを削除するボタン

レイヤーの表示・非表示

レイヤーを非表示にしたいときは、目のアイコンをクリックします。

もういちど目のアイコンをクリックすることで表示されます。
レイヤーを非表示にするボタン

一つ以上のレイヤーを同時に操作

チェーンアイコンを表示したレイヤーは連結し、ツールを使って同時に変形・移動・回転などの作業をすることができるようになります。

複数のレイヤーを同時に操作

レイヤーのサムネイル拡大

レイヤーのサムネイルが小さくて確認しづらいときは、目的のサムネイルにマウスポインタを持っていき、左クリックを続けている間、少し大きくなります。

サムネイルをクリックして拡大

レイヤー名の変更

レイヤー名を変更したいときは、レイヤー名をダブルクリックすることで名前を変更することができます。

レイヤーをダブルクリックすることで、レイヤー名の変更ダイアログを開くこともできます。
レイヤー名を変更

不透明部分を選択範囲に

レイヤーの上で右クリックして、メニューから「不透明部分を選択範囲に」をクリックすることで、不透明部分で選択範囲を作成することができます。

キーボードのAltキーを押しながら、サムネイルをクリックすることでも、不透明部分を選択範囲にすることができます。
不透明部分を選択範囲に

可視部分をレイヤーに

キャンバスで見えている画像(可視部分)を1つのレイヤーで作成することができます。

右クリックして、「可視部分をレイヤーに」をクリックすることで、アクティブ(選択中)なレイヤーの上に、可視部分をコピーしたレイヤーが作成されます。

可視部分をレイヤーに追加

おわりに

GIMPのレイヤーダイアログからの基本的な操作をご紹介しました。すべてではありませんが、メニューバーからも操作することができます。操作しやすい方から作業してみましょう。

スポンサーリンク
よろしければシェアお願いします
同じカテゴリーのコンテンツ一覧