GIMP 移動ツールの使い方【初心者ナビ】

GIMP 移動ツールの使い方

GIMPの「移動」ツールの使い方を、初心者のあなたにもわかりやすくご紹介します。

このツールを使うことで、画像・テキストレイヤー、選択範囲、パス、ガイドを移動することができます。

それではさっそく「移動」ツールの使い方を覚えてGIMPを使いこなしましょう。

スポンサーリンク

移動ツールとは

GIMPの「移動移動ツールアイコン」ツールは、画像・テキストレイヤー、選択範囲、パス、ガイドをドラッグして自由に移動することができる便利なツールです。

移動時のサンプル画像

移動ツールの使用方法

移動ツール

GIMPで「移動」ツールを使う場合は、以下の方法が用意されています。

  • ツールボックスの「移動」アイコン移動ツールアイコン
  • メニューバーからツール変形ツール移動
  • キーボード(ショートカットキー)M
スポンサーリンク

移動ツールの使い方

移動移動ツールアイコン」ツールの基本的な使い方はとっても簡単です。画像を開いてツールボックスから「移動」ツールを選び、いっしょに操作方法を覚えましょう。

今回はこちらの、くま、ハート、肉球の3つの画像レイヤーを使って移動する方法をご紹介します。

用意した画像

一つのレイヤーを移動してみよう

はじめに1つのレイヤーだけ移動してみましょう。ここでは「くま」のレイヤーを移動してみましょう。

ツールボックスから「移動移動ツールアイコン」ツールを選び、移動したい画像レイヤーの上にマウスポインタを持っていきます。マウスポインタが移動のマウスポインタにかわります。

Linkツールボックスの表示設定はGIMP ツールボックスの設定をしてみよう
GIMPの初期設定では「つかんだレイヤー」となっているので、移動したいレイヤーがアクティブ(選択中)じゃなくても移動することができます。
移動ツールを選択

つぎに、左クリックを押し続けると、選んだレイヤーの周りに枠線が表示されます。そのままの状態で移動したい場所にドラッグしましょう。

また、移動したいレイヤーがアクティブ(選択中)のときは、キャンバスの上で一度左クリックし、キーボードの方向キーから細かく移動することもできます。
ドラッグして移動

このように移動することができました。

移動できた

同時に複数のレイヤーを移動してみよう

今度は、複数のレイヤーを同時に移動する方法をご紹介します。

同時に移動したいレイヤーにチェーンのアイコンチェーンアイコンを表示して、その画像のどれでもいいので画像の上で左クリックしたままドラッグしましょう。

このとき、選んだレイヤーをアクティブ(選択中)にする必要はありません。
チェーンアイコンを表示してドラッグ

このようにチェーンを表示することで、複数のレイヤーを同時に移動することができました。

同時に移動できた

テキストレイヤーを移動してみよう

テキストレイヤーを移動する方法をご紹介します。基本的には画像のレイヤーを移動するときと同じですが、文字の線にマウスポインタを合わせましょう。マウスポインタが移動のマウスポインタになったらドラッグしてテキストを移動することができます。

Linkテキストツールの詳しい使い方はGIMP 文字を入力してみよう【初心者ナビ】
ドラッグしてテキストを移動

このように文字を移動することができました。

文字を移動

選択範囲を移動してみよう

次は選択範囲を移動する方法をご紹介します。

選択範囲が作成されている状態で「移動」ツールのツールオプションから「移動対象」を「選択範囲選択範囲アイコン」にします。ここでは「くま」を選択範囲にしました。

Link選択範囲を作成するときはGIMPの使い方【初心者ナビ】
キーボードのAltキーを押し続けることでも移動対象を選択範囲に変更することができます。

つぎにキャンバスの上でドラッグしましょう。

選択範囲を移動

このように選択範囲を移動することができました。

Link選択範囲をパスに変換したいときはGIMP 選択範囲をパスに変換して切り抜いてみよう
選択範囲を移動することができた

パスを移動してみよう

今度は作成したパスを移動する方法をご紹介します。

Linkパスツールの詳しい使い方はGIMP パスツールの使い方【初心者ナビ】

パスが作成されている状態のとき、「移動」ツールのツールオプションから「移動対象」を「パスアイコン」にします。ここでは「肉球」でパスを作成しています。

キーボードのCtrlキーを押し続けることでも移動対象をパスに変更することができます。

つぎにキャンバスの上でドラッグしましょう。

ドラックしてパスを移動

このようにパスを移動することができました。

パスを移動

ガイドを移動してみよう

今度はガイドを移動する方法をご紹介します。

ガイドとは、画像またはテキストレイヤーなどを整列させたいときなどに、ガイドを画像ウィンドウ上の好きな場所に出すことで、移動中のレイヤーなどをガイドに近づけると、磁石のようにガイドに引っ付ききれいに配置できる機能です。

Linkガイドは「定規」ツールを使うことでも表示することができます。GIMP 定規の使い方【初心者ナビ】
Linkガイドを中央に配置したいときはGIMP 縦と横の真ん中に線(ガイド)を引いてみよう

マウスポインタをルーラー(目盛り)の上に持っていき、左クリックしたままドラッグするとガイドを出すことができます。

ルーラーの上でクリック

ガイドを移動するときとは、ガイドにマウスポインタを持っていきます。ガイドが赤のラインに変わったら、ドラッグして移動することができます。

ガイドを移動

このようにガイドがあることで、きれいに並べることもできます。

Linkキャンバスで整列したいときはGIMP 整列の使い方【初心者ナビ】
ガイドで整列

移動ツールのツールオプション

GIMPの「移動」ツールには以下のツールオプションが用意されています。

移動ツールのツールオプション

移動対象

移動対象

「対象」は、移動の対象を選択することができます。初期設定では「レイヤー」になっいています。

  1. レイヤーアイコンレイヤーを移動の対象にします。
  2. 選択範囲アイコン選択範囲を移動の対象にします。
  3. パスアイコンパスを移動の対象にします。

機能の切り替え(shift)

機能の切り替え

「機能の切り替え」は、初期設定では「つかんだレイヤーまたはガイドを移動」になっています。

「つかんだレイヤーまたはガイドを移動」を選択中は、画像ウィンドウにあるレイヤーまたはガイドをマウスの操作で移動することができます。

「アクティブなレイヤーを移動」を選択中は、レイヤーダイアログのアクティブ(選択中)のレイヤーのみ移動することができます。

また、キーボードのshiftキーを押すことで機能の切り替えをすることができます。

おわりに

GIMPの「移動」ツールの基本的な使い方をご紹介しました。このツールを使うことで、レイヤー、選択範囲、パスを簡単に移動できるってことがわかりましたね。画像作成などの作業は移動することも多いと思います。基本の操作をマスターすると作業効率UP間違いなしですね。

合わせて読みたい
よろしければシェアお願いします
同じカテゴリーのコンテンツ一覧