GIMP 足りない背景を伸ばしてみよう

GIMP 足りない背景を伸ばしてみよう

ブログやネットショップ、バナーの作成などwebページで使いたい写真があるんだけど、もう少し横幅があるといいなぁって思ったことありませんか?

今回はGIMPを使って背景を横に伸ばす(追加する)方法をご紹介します。

それではさっそく、背景を伸ばす(追加する)作業をマスターして素敵な画像を作成しましょう。

スポンサーリンク

GIMPで背景を伸ばしてみよう

いっしょに加工したい画像を開いて、足りない背景画像を引き伸ばす作業を、以下の手順に沿って進めてみましょう。

画像(写真)を開こう

いつものようにGIMPを起動して加工したい画像(写真)を開きましょう。

Link簡単に画像を開くことができます。GIMPで画像を簡単に開いてみよう【初心者ナビ】

今回、背景に使用したこちらの写真サイズは640×417pxです。この写真を横方向に引き伸ばして800×417pxサイズに変更する方法をご紹介します。

Linkこちらの写真は商用利用もOK!無料(フリー)写真人物素材のまとめから選びました。
用意した写真

アルファチャンネルを追加しよう

画像を開いたら、メニューバーからレイヤー透明部分アルファチャンネルの追加をクリックしましょう。

アルファチャンネルの追加をクリック

キャンバスサイズを変更しよう

つぎにキャンバスのサイズを横方向に大きくします。

メニューバーから画像キャンバスサイズの変更をクリックしましょう。

キャンバスサイズの変更

キャンバスサイズの変更ダイアログが開きます。今回は横幅だけ広げたいのでキャンバスサイズを入力するところのチェーン外れているチェーンアイコンを離しておき、イメージしている幅の数値を入力しましょう。ここでは画像の幅を800pxと入力しました。

幅のサイズを入力したら、つぎに寄せたい方向にドラッグするかオフセットの数値を入力しましょう。ここでは背景を左に伸ばしたいのでドラッグして右側に寄せました。

オフセットのXは横方向、Yは縦方向です。
キャンバスサイズ変更のダイアログ

設定ができたら「リサイズ」をクリックしましょう。

リサイズをクリック

左側が市松模様になりキャンバスサイズを変更することができました。

キャンバスサイズを変更

選択範囲を作成しよう

つぎにツールボックスから「矩形選択矩形選択アイコン」ツールを選び、横方向に伸ばしてもおかしくならないような場所で選択範囲を作成しましょう。

Linkツールボックスの表示設定はGIMP ツールボックスの設定をしてみよう
Link矩形選択ツールの詳しい使い方はGIMP 矩形選択ツールの使い方【初心者ナビ】
選択範囲を作成

選択範囲を横に伸ばそう

選択範囲を作成することができたら、ツールボックスから「拡大・縮小拡大・縮小アイコン」ツールを選び、キャンバスにマウスポインタを持っていき、左クリックしましょう。

Linkツールボックスの表示設定はGIMP ツールボックスの設定をしてみよう
Link拡大・縮小ツールの詳しい使い方はGIMP 拡大・縮小の使い方【初心者ナビ】
拡大縮小ツールを選んでキャンバス上でクリック

作成した選択範囲に拡大縮小のハンドルが表示すると同時にダイアログが表示します。

拡大・縮小ダイアログのチェーン外れているチェーンアイコンが繋がっていたら離しておきましょう。
チェーンを離す

伸ばしたい方向側にある真ん中の四角いハンドルにマウスポインタを持っていき左クリックしながら伸ばしたい方向へドラッグしましょう。

このとき伸ばしたい方向とは逆も少しだけドラッグして伸ばしておきましょう。

左右の真ん中にあるハンドルをドラッグすることで高さを固定することができます。
横方向にドラッグ

引き伸ばすことができたら、「拡大・縮小」をクリックするか、キーボードのEnterキーを押しましょう。

拡大縮小をクリック

拡大・縮小を実行すると、「フローティング選択範囲(変形)」の状態になります。この状態はまだ固定されていない仮のレイヤーになっているので「フローティングレイヤーを固定フローティングレイヤーを固定アイコン」をクリックしましょう。

フローティングレイヤーを固定

これで1つのレイヤーになりました。でもこの写真の場合、黒板のチョークを拭いたあとの継ぎ目がよくわかりますね。つぎに継ぎ目をわかりにくく修正してみましょう。

背景を継ぎ足した画像

伸ばした部分を修復ブラシツールでわかりにくくしてみよう

伸ばした部分の継ぎ目をわかりにくくする方法はスタンプで描画ツールや消しゴムツールを使うといういくつかの方法がありますが、ここでは継ぎ目以外に足した黒板もなじませたいので「修復ブラシ修復ブラシツールアイコン」ツールを使って修正します。

ツールボックスから「修復ブラシ修復ブラシツールアイコン」ツールを選び、黒板の上でCtrlキーを押しながら左クリックしましょう。

Linkツールボックスの表示設定はGIMP ツールボックスの設定をしてみよう
Link修復ブラシツールの詳しい使い方はGIMP 修復ブラシの使い方【初心者ナビ】
修復ブラシを選択

つぎにドラッグしながら継ぎ目や伸ばした黒板の部分を違和感がなくなるまでなぞりましょう。

継ぎ目や伸ばした黒板の部分をなぞる
スポンサーリンク

出来上がり

これでイメージ通りの横に長い写真がないときでも、画像を加工することで背景を伸ばすことができました。

Link出来上がった画像を保存するときはGIMP 作成した画像を保存してみよう【初心者ナビ】
背景を伸ばした画像の完成

今回はチョークの拭き残しがある画像を伸ばしたので修復ブラシを使って違和感のないように修正しましたが、下のような単純なグラデーションが入った背景を引き伸ばしたときは、継ぎ目を修正する必要がない場合もあります。

背景を伸ばした写真

おわりに

GIMPで背景を伸ばす方法をご紹介しました。今回は横方向に伸ばしてみましたが、同じ作業で上にも下にも伸ばすことができます。伸ばした部分に文字などを入れたいときなどに、ぜひ活用してみてくださいね。

合わせて読みたい
よろしければシェアお願いします
同じカテゴリーのコンテンツ一覧