GIMP ワープ変形の使い方【初心者ナビ】

GIMP Warp Transformの使い方TOP

GIMPの新ツール「ワープ変形ワープ変形アイコン」ツールの使い方をご紹介します。

この新ツールは、以前ご紹介したフィルター機能の「対話的歪め」のように、画像などのレイヤーを歪める効果がある便利な変形ツールです。

それではさっそく、「ワープ変形」ツールの使い方を覚えてGIMPを使いこなしてみましょう。

Sponsored Links

ワープ変形ツールとは

GIMP2.10から新しく加わった変形ツールの一つ「ワープ変形ワープ変形アイコン」ツールは、画像を歪ませいろんな変形加工をすることができます。たとえば、人物写真の目を大きくしたり、小顔にしたり、太った人を痩せさせたりと使い道はたくさんあります。

「ワープ変形」ツールの良いとこは、開いてる画像が直接プレビュー画面になります。「対話的歪め」のように小さなプレビュー画面を見ながらの操作とは違い、直接画像に変形の効果を加えることができるので、イメージ通りに加工することができます。

下の写真は「ワープ変形」ツールを使って、目を少しだけ大きくしてみました。

Linkこちらの写真は商用利用もOK!無料(フリー)写真人物素材のまとめの中から選びました。

Warp Transformの使用例

ワープ変形ツールの使用方法

Warp Transform

GIMPで「ワープ変形」ツールを使う場合は、以下の方法が用意されています。

  • ツールボックスの「ワープ変形」アイコンワープ変形アイコン
  • メニューバーからツール変形ツールワープ変形
  • キーボード(ショートカットキー)W
Sponsored Links

ワープ変形ツールの使い方

「ワープ変形」ツールの使い方はとっても簡単です。画像を開いて一緒に操作をしてみましょう。

Link画像を簡単に開くことができます。GIMPで画像を簡単に開いてみよう【初心者ナビ】

加工したい画像を開いたらツールボックスから「ワープ変形ワープ変形アイコン」ツールを選びましょう。

Warp Transformツールを選択

「ワープ変形」ツールを選んだら、加工したい部分にマウスポインタを持っていき、左クリックしながらなぞるようにドラッグすることで歪めることができます。

思い通りに変形することができたら、キーボードのEnterキーを押すことで確定することができます。

Linkブラシのサイズをマウスホイールで操作することができます。GIMPのブラシサイズをマウスホイールで操作しよう

左クリックしながらドラッグ

ワープ変形のツールオプション

GIMPの「ワープ変形」には以下のツールオプションが用意されています。

Warp Transformのツールオプション

今回は画像がどんな風に変形することができるかわかりやすいように、市松模様と目の画像を使って、ワープ変形のツールオプションの設定を変えながらご紹介します。

LinkGIMPで市松模様を描くときはGIMP 市松模様(チェック模様)を描いてみよう

市松模様
目の画像

動作

動作

Move pixels

Move pixelsは、マウスでドラックしたときに、ブラシの領域を歪めながら変形することができます。GIMPの初期設定ではMove pixelsになります。

ピクセル移動
目の画像をピクセル移動

Grow area

Grow areaは、マウスボタンを押したときやドラックしたときに、ブラシの領域を膨らませるような感じで変形することができます。

Grow areaの使用例
Grow areaで目を変形加工

Shrink area

Shrink areaは、Grow areaとは逆でマウスボタンを押したときやドラックしたときに、ブラシの領域を縮めるような感じで変形することができます。

Shrink areaの使用例
Shrink areaで目の画像を変形加工

Swirl clockwise

Swirl clockwiseは、マウスボタンを押したときやドラックしたときに、ブラシの領域を時計回りでねじるように回転しながら変形することができます。

Swirl clockwiseの使用例
Swirl clockwiseで目を変形加工

Swirl counter-clockwise

Swirl counter-clockwiseは、Swirl clockwiseとは逆で、マウスボタンを押したときやドラックしたときに、ブラシの領域を反時計回りでねじるように回転しながら変形することができます。

Swirl counter-clockwiseの使用例
Swirl counter-clockwiseで目を変形加工

Erase warping

Erase warpingは、変形加工した部分にマウスボタンを押したり、なぞるようにドラックすることで歪んだ部分を除去していき戻すことができます。

Smooth warping

Smooth warpingは、変形加工した部分にマウスボタンを押したり、なぞるようにドラックすることで歪んだ部分を滑らかに除去していき戻すことができます。

サイズ

サイズ

ブラシのサイズを調節することができます。

Linkブラシのサイズをマウスホイールで操作することができます。GIMPのブラシサイズをマウスホイールで操作しよう

硬さ

硬さ

マウスボタンを押したり、ドラッグしたときのブラシ領域の硬さを調節することができます。

硬さ比較

強さ

Strength

ワーピング中のピクセルを設定することができます。変位の最大値はブラシの直径になります。

Strength設定の比較

間隔

間隔

ワーピング中の間隔を調整することができます。

補間アルゴリズム

補間アルゴリズム

補間アルゴリズムは共通のツールオプションとなります。

Link詳しくは共通機能をご覧ください。

Abyss policy

Abyss policy

Abyss policyでは、変形後にできた空の部分をいろんな方法で塗りつぶす設定ができます。

アビスポリシー比較

None

変形後にできた空の部分は透明になります。GIMPの初期設定では「None」となります。

Clamp

レイヤーの各エッジ(辺)が無限に伸びます。

Loop

すべての方向に繰り返します。

高品質プレビュー

High quality preview

高品質プレビューにチェックを入れることで、高画質のプレビュー画像となりますが、プレビュー表示が遅くなります。

ストローク

Stroke

During motion

During motionのチェックを外すと、変形させることができなくなります。

Periodically

Periodicallyにチェックを入れてマウスボタンを長押しすることで、「Move pixels」以外の動作を連続して変形させることができます。

「Rate」の数値を設定することで、ストロークの速さを調整することができます。

Periodicallyにチェックを入れて変形

アニメーション

Animate

アニメーションを使用することで、元の画像と変形した後の画像の間に、いくつかの画像が生成されアニメーションを作成することができます。

Framesの数値で、アニメーションのフレーム数を設定することができます。

はじめに元の画像を変形させます。

元の画像を変形

次に「Create Animation」ボタンをクリックします。

Create Animationをクリック

Create Animation」ボタンをクリックすると、新しい画像ウィンドウが作成されます。

この作成された画像をGIF形式で「アニメーションとしてエクスポート」することで、アニメーションとして保存することができます。

アニメーションとして保存

おわりに

いかがでしたか?GIMPの新ツール「ワープ変形」ツールの使い方をご紹介しました。

「ワープ変形」ツールは、画像を歪ませる効果のある便利な変形ツールってことがわかりましたね。この歪みの効果を利用することで、人物写真の顔や体形を加工したり、イラストを変形させたり使い方は様々です。ぜひ試してみてくださいね。

Sponsored Links
合わせて読みたい
よろしければシェアお願いします
同じカテゴリーのコンテンツ一覧