GIMPで文字をチョーク風にしてみよう

GIMPで文字をチョーク風にしてみよう

GIMPを使って黒板などの背景画像の上にチョークで書いたような文字を入れたいんだけど、どうやったらできるの?って困っていませんか?

GIMPは文字を簡単に加工することができます。今回は、フィルター機能の「拡散」を使用して、文字をチョーク風に見せる方法をご紹介します。

それではさっそく、文字を加工して素敵な画像を作成しましょう。

スポンサーリンク

テキストをチョーク風に描く方法

GIMPには初めからフィルター機能の中に白墨で描いたように見せる「チョーク」がありますが、使ってみると期待していたような効果がなかったので、違う方法で文字をチョーク風に加工してみました。

今からご紹介する文字をチョーク風にする方法はすごく簡単なので、以下の手順に沿っていっしょに文字を加工してみましょう。

今回は黒板が写っている写真を商用利用もOK!無料(フリー)写真人物素材のまとめから選びましたが、黒板のイラストでもいいですね。

文字をチョーク風にしたサンプル画像

文字を入力しよう

まずは、GIMPを起動して、黒板などの背景画像を開きましょう。

Link画像を簡単に開くことができます。GIMP 画像を簡単に開いてみよう【初心者ナビ】

背景画像の準備ができたら、ツールボックスから「テキストテキストツールアイコン」ツールを選んで、キャンバスに文字を入力しましょう。

手書きのフォントを使用することでリアルな感じになります。「無料 手書きフォント」と検索すれば、いろいろなフォントがダウンロードできます。
Linkツールボックスの表示設定はGIMP ツールボックスの設定をしてみよう
Linkテキストツールの詳しい使い方はGIMP 文字を入力してみよう【初心者ナビ】
文字を入力

文字を加工しよう

文字を入力することができたら、メニューバーからフィルターノイズ拡散をクリックしましょう。

拡散をクリック

拡散のダイアログ画面が開きます。プレビューを見ながら、拡散量を調整しましょう。ここでは水平(Horizontal)・垂直(Vertical)ともに3pxにしました。イメージしているチョークで描いたような感じまで調整することができたら「OK」をクリックしましょう。

拡散の調整

できあがり

これで、文字をチョーク風にすることができました。

チョーク風にすることができた

あと、鉛筆ツールを使用して、手書き風に下線を足したりすると、いい感じになりますね。

Link鉛筆ツールの詳しい使い方はGIMP 鉛筆の使い方【初心者ナビ】
チョーク風の下線を描く
スポンサーリンク

おわりに

GIMPで文字をチョーク風にする方法をご紹介しました。「拡散」を使用することで、なんとなくチョークで書いたような文字に加工することができました。ぜひ試してみてくださいね。

合わせて読みたい
よろしければシェアお願いします
同じカテゴリーのコンテンツ一覧