GIMPで後光のような放射線状の背景を作ろう

GIMPで後光のような放射線状の背景を作ろうTOP

バナーで目立たせるためによく見かける後光のような放射線状の背景があります。

GIMPで作りたいんだけどどうやったら作れるの?って思ってませんか?

今回は、GIMPを使って放射線状のような背景を作成する方法をご紹介します。

それではさっそく、光を放つような放射線状の背景にして、素敵なバナーを作成しましょう。

Sponsored Links

GIMPで放射線状の背景を作成する方法

キャンバスサイズを設定しよう

いつものようにGIMPを起動して、後光のような放射線状の背景画像を作るため、メニューバーからファイル新しい画像をクリックしましょう。

キーボードのCtrl+Nを押すことでも新しい画像の設定をすることができます。
新しい画像をクリック

「新しい画像を作成」ダイアログが開きます。

あなたがイメージしているバナーなどの画像サイズを設定し、塗りつぶし色を「White」または「Transparency」にしましょう。

今回は、幅が800pxのバナーを作りたいので、キャンバスサイズ(画像サイズ)を800px×800pxにしました。

後光のような背景を作成するときは、幅・高さを同じサイズ(正方形)にしましょう。
新しい画像を作成ダイアログ

背景のレイヤーを塗りつぶそう

次に、放射線状の背景になる背景色を「描画色」に設定し、「塗りつぶし塗りつぶしツールアイコン」ツールを選び、マウスポインタをキャンバスに持っていき、左クリックして塗りつぶしましょう。

Link塗りつぶしツールの詳しい使い方はGIMP 塗りつぶしの使い方【初心者ナビ】

背景を塗りつぶす

レイヤーを追加しよう

背景のレイヤーを塗りつぶすことができたら、後光のような放射線状になるもう一つの色を塗るために、メニューバーからレイヤー新しいレイヤーの追加をクリックしましょう。

キーボードのShift+Ctrl+Nを押すことでも新しいレイヤーを追加することができます。
新しいレイヤーの追加をクリック

「新しいレイヤーの追加」ダイアログが開きます。

「塗りつぶし色」を「Transparency」に設定しましょう。あとの設定は特にさわる必要はないので「OK」をクリックしましょう。

「Transparency」はレイヤーの背景に何も色を塗らないで透明(透過)にする設定です。
新しいレイヤーの追加ダイアログ

放射線状にしよう

二つ目の色を設定しよう

新しいレイヤーを追加することができたら、放射線状となる2つ目の色を「描画色」に設定しておきましょう。

ここで塗りつぶす必要はありません。
二つ目の色を設定

2つめの色を設定することができたら、メニューバーからフィルター下塗り集中線をクリックしましょう。

フィルター機能の集中線をクリック

「Script-Fu: 集中線」ダイアログが開きます。ここで後光のような放射線状となる線の設定をし「OK」をクリックしましょう。

今回は後光のようにしたいので、集中線の「線数」を最小の40、鋭さ(角度)は、2.0、オフセットは0、複雑度は1に設定しました。
集中線のダイアログ

Link集中線の詳しい使い方はGIMP 漫画のような集中線を描いてみよう

放射線状の画像が完成

「OK」をクリックすると、2つ目の描画色が追加した新しいレイヤーの中央から光が放射されたような線で描くことができました。

レイヤーの中央から光が放射されたような線
Sponsored Links

好きなサイズに切り抜こう

放射線状になった画像が完成したら、「切り抜き切り抜きツールアイコン」ツールなどを使って、バナーの背景に使いたいサイズにしましょう。

Link切り抜きツールの詳しい使い方はGIMP 切り抜きツールの使い方【初心者ナビ】

背景にしたいサイズで切り抜く

Link放射線状に光を当てる加工をすることで、すごく見栄えが良くなります。少しの手間で良くなる!GIMPで背景画像に光をあててみよう

おわりに

いかがでしたか?GIMPで後光のような放射線状の背景を作成する方法をご紹介しました。ぜひ試してみてくださいね。

Sponsored Links
合わせて読みたい
よろしければシェアお願いします
同じカテゴリーのコンテンツ一覧