GIMP 文字をパスに変換してみよう

GIMP 文字をパスに変換してみよう

GIMPで文字をパス化にしたいんだけどできるの?って思っていませんか。今回は、簡単な操作を行うだけで文字をパス化にできる方法をご紹介します。また、パスに変換した文字の情報をsvg形式で保存する方法もご紹介します。

スポンサーリンク

文字をパスに変換する方法

ここではテキストレイヤーの文字をパスに変換する方法をご紹介します。

Link選択範囲をパスに変換したいときはGIMP 選択範囲をパスに変換して切り抜いてみよう

キャンバスを開こう

GIMPを起動して、新しい画像を作成してキャンバスを開きましょう。

キャンバスを開く

文字を入力しよう

キャンバスを開いたら、①ツールボックスから「テキスト」ツールを選び、②パスに変換したい文字をキャンバスに入力しましょう。

Linkツールボックスの表示設定はGIMP ツールボックスの設定をしてみよう
Linkテキストツールの詳しい使い方はGIMP 文字を入力してみよう【初心者ナビ】
文字を入力する

文字をパスに変換しよう

文字を入力することができたら、レイヤーダイアログから①テキストレイヤーの上で右クリックして、②「テキストをパスに」をクリックしましょう。

「テキストをパスに」をクリックすることでキャンバス上は変化はありませんがパスが作成されます。
テキストをパスに選択

作成したパスを表示してみよう

作成したパスを表示するときは、パスダイアログを開きましょう。

パスダイアログを選択

パスダイアログを開くと、先ほど作成した文字のパスがあると思います。目のアイコンを表示することで作成したパスを表示することができます。

パスを表示

作成した文字のパスを編集するときは

パスダイアログを開き、①作成した文字のパスの上で右クリックして、②「パスの編集」をクリックしましょう。

パスの編集を選択

「パスの編集」をクリックすることで、「パス」ツールに変わり、アンカーポイントやセグメントが表示してパスを編集することができます。

Linkパスツールの詳しい使い方はGIMP パスツールの使い方【初心者ナビ】
パスが編集できる

svg形式で保存するときは

作成した文字のパスをsvg形式で保存したいときは、パスダイアログを開き、①作成した文字のパスの上で右クリックして、②「パスのエクスポート」をクリックしましょう。

パスのエクスポートを選択

パスをSVG形式でエクスポートのダイアログが開きます。①名前にファイル名.svgを入力して、②保存先を選び、③「保存」をクリックしましょう。

ファイル名には必ず拡張子「.svg」を付けて保存しましょう。
エクスポートダイアログ

これで、文字をパスに変換して、SVG形式で保存することができました。

保存したファイルはSVG形式なので、ブラウザまたはベクター画像を作成できるアプリのプログラムとなります。ここではベクター画像アプリInkscapeとなっています。

LinkInkscapeの使い方はhttps://gazocustomize.com/inkscape/
svg形式で保存

おわりに

GIMPで文字をパスに変換する方法をご紹介しました。文字をパス化することでオリジナルのロゴも作成しやすくなります。ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク
よろしければシェアお願いします
同じカテゴリーのコンテンツ一覧