GIMPで写真や画像を簡単にリサイズする2つの方法

GIMPで写真や画像を簡単にリサイズ

ダウンロードした写真や画像、カメラで写した写真などをGIMPで開いたとき、画像のサイズが大きいからウェブページに合うように小さくしたいんだけど、どうやったらできるの?って困っていませんか?

今回はGIMPを使って簡単に画像サイズを変更(リサイズ)する方法を2つご紹介します。

それではさっそくリサイズ操作を覚えて素敵な画像を作成しましょう。

スポンサーリンク

GIMPで写真や画像をリサイズする方法

GIMPで画像サイズを変更(リサイズ)する作業はとっても簡単です。いっしょに操作しながらリサイズする方法を覚えましょう。

写真や画像を開こう

サイズを変更したい写真や画像を開きましょう。

Link簡単に画像を開くことができます。GIMP 画像を簡単に開いてみよう【初心者ナビ】

今回用意したこちらの写真サイズは5495×3840ピクセルです。この大きなサイズの写真を使ってリサイズする方法をご紹介します。

Link写真は商用利用もOK!無料(フリー)写真人物素材のまとめから選びました。

用意した写真

メニューバーから画像サイズ(キャンバスサイズ)を変更してみよう

一つ目のリサイズする方法は、メニューバーから画像画像の拡大・縮小を選択しましょう。

マウスを右クリックすることでもメニューバーと同じメニューが出てきます。
メニューバーから画像画像の拡大・縮小

画像の拡大・縮小を選択すると、ダイアログが開きます。「キャンバスサイズ(画像サイズ)」の幅が決まってるときは「幅」の数値を、高さが決まってるときは「高さ」の数値を変更することでリサイズすることができます。

幅または高さのどちらかを変更することで自動的にもう一方も変更されます。

このとき、チェーンアイコンチェーンアイコンが繋がってるか確認しましょう。繋がってることで縦横比を固定することができます。

チェーンアイコンが繋がってないと画像が横や縦に伸びてしまいます。
キャンバスサイズ(画像サイズ)でリサイズ

今回は画像サイズを600pxに縮小設定しました。あなたが思っている数値に変更したら「拡大・縮小」をクリックしましょう。

拡大縮小をクリック

これでリサイズすることができました。

リサイズができた

拡大・縮小ツールを使ってリサイズしてみよう

画像をリサイズする2つ目の方法は、「拡大・縮小」ツールを使って画像のサイズを変更する方法をご紹介します。

ツールボックスから「拡大・縮小拡大・縮小アイコン」ツールを選び、キャンバスの上で左クリックしましょう。

Linkツールボックスの表示設定はGIMP ツールボックスの設定をしてみよう
Link拡大・縮小ツールの詳しい使い方はGIMP 拡大・縮小の使い方【初心者ナビ】
キャンバスの上で左クリック

クリックすると、拡大・縮小のダイアログが表示されると同時に、リサイズしたい画像の周りに四角いハンドルが現れます。ハンドルにマウスポインタを持っていきドラックするか、ダイアログの数値を変えることでリサイズすることができます。

ここでも、チェーンアイコンチェーンアイコンが繋がってるか確認しましょう。繋がってることで縦横比を固定することができます。
ドラックまたは数値を変更

思っているサイズになったら、ダイヤログの「拡大・縮小」をクリックするか、キーボードのEnterキーを押すことで画像をリサイズすることができます。

拡大・縮小をクリック

写真を縮小することはできましたが、今の状態は写真のレイヤーだけが小さくなっているだけなので、キャンバスサイズも写真のレイヤーに合わせる必要があります。

レイヤーサイズだけ縮小

メニューバーから画像キャンバスをレイヤーに合わせるをクリックしましょう。

キャンバスをレイヤーに合わせる

これで「拡大・縮小」ツールを使ってリサイズすることができました。

リサイズすることができた

おわりに

GIMPで写真や画像をリサイズ(画像サイズの変更)する方法をご紹介しました。写真や画像のサイズを変更する場合、あまり拡大することはないと思いますが、拡大すると画像の品質が悪くなってしまいます。リサイズは「縮小」するときに活用するようにしましょう。

合わせて読みたい
よろしければシェアお願いします
同じカテゴリーのコンテンツ一覧