GIMP 正三角形や正六角形で切り抜いてみよう

GIMP 正三角形や正六角形で切り抜いてみよう

GIMPで画像の一部分を、三角形や六角形などで切り抜きたいって思っていませんか?今回は、イメージしている正多角形で画像を切り抜く方法をご紹介します。

それではさっそく、素敵な画像を作成してみましょう。

スポンサーリンク

正多角形で切り抜く方法

GIMPではツールなどを使って、決まった形や自由な形で画像を簡単に切り抜くことができます。また、正三角形や正六角形などで画像の一部分を切り抜きたい場合には、シェイプ (Gfig)フィルター機能を利用することで、簡単に正多角形で切り抜くことができます。下の手順に沿って、いっしょに作業してみましょう。

LinkGIMPで画像を加工や編集したいときはGIMPの使い方【初心者ナビ】

画像を開こう

いつものようにGIMPを起動して、正多角形で切り抜きたい画像を開きましょう。

Link簡単に画像を開くことができますGIMP 画像を簡単に開いてみよう【初心者ナビ】
加工前の写真

正多角形を作成しよう

画像を開いたら、メニューバーからフィルター下塗りシェイプ (Gfig)をクリックしましょう。

シェイプ (Gfig)を選択

シェイプエディター(Gfig)が開きます。シェイプエディターのメニューバーから編集Preferences(環境設定)をクリックしましょう。

キーボードのCtrl+Pを押すことでもオプション設定画面を開くことができます。
シェイプエディターの設定を開く

シェイプエディターのオプション設定ダイアログが開きます。①アンチエイリアスを有効にして②「Close(閉じる)」をクリックしましょう。

アンチエイリアスを有効にすることで、ギザギザになる輪郭を滑らかにすることができます。
アンチエイリアスを有効にする

つぎに、シェイプエディターの①ツールバーから「正多角形の作成」を選び、②ツールオプションからイメージしている正多角形のサイズを設定、③「輪郭を描画する」を無効、④「塗りつぶし」を「色で塗りつぶす」に設定しましょう。

サイズは正三角形のときは「3」、正六角形のときは「6」となります。
シェイプエディターの設定

「塗りつぶし」の設定を「色で塗りつぶす」にしたら、塗りつぶし色を設定できるようになります。①現在の塗りつぶし色をクリックして、②Backgroundの変更ダイアログから、HTMLの表記を好きな色に設定し、③「OK」をクリックしましょう。ここでは(FFFFFF)で設定しました。

塗りつぶす色はどんな色でもOKです。
塗りつぶし色を設定

シェイプエディターの設定ができたら、プレビューを見ながら、正多角形で切り抜きたい部分の中心から外に向かって、マウスをドラッグしましょう。

正多角形を作成

編集したいときは

正多角形の角度や位置がイメージ通りにできなかったときは、ツールバーから「オブジェクトを移動」または「1つのポイントを移動」選び、各ポイントにマウスポインタを持っていき、ドラッグすることで編集することができます。

シェイプエディターの編集

シェイプエディターの編集

  • 位置を変えたいときは:オブジェクトを移動
  • 角度や大きさを変えたいときは:1つのポイントを移動

イメージ通りにできたら「Close(閉じる)」をクリックしてシェイプエディター(Gfig)ダイアログを閉じましょう。

シェイプエディターを閉じる

選択範囲を作成しよう

シェイプエディターで作成した正三角形や正六角形などの図形は、レイヤーダイアログに「GFig」レイヤーが追加されます。①GFigレイヤーの上で右クリックして②「不透明部分を選択範囲に」をクリックしましょう。

不透明部分を選択範囲にを選択

正多角形の部分に選択範囲を作成することができました。

選択範囲を作成

正多角形レイヤーを非表示にしよう

選択範囲を作成することができたら、レイヤーダイアログから「GFig」レイヤーの「目」のアイコンをクリックして非表示にしましょう。

「GFig」レイヤーを非表示に

レイヤーマスクを追加しよう

「GFig」レイヤーを非表示にすることができたら、①元画像レイヤーの上で右クリックして、②「レイヤーマスクの追加」をクリックしましょう。

レイヤーマスクの追加をクリック

レイヤーマスクの追加ダイアログが開きます。①レイヤーマスクの初期化方法を「選択範囲」を選び、②「追加」をクリックしましょう。

Linkレイヤーダイアログの操作方法GIMP レイヤーダイアログの操作【初心者ナビ】
レイヤーマスクの設定

選択を解除しよう

レイヤーマスクを追加することができたら、メニューバーから選択選択を解除をクリックしましょう。

キーボードのShift+Ctrl+Aを押すことでも選択を解除することができます。
選択を解除する

できあがり

これで、正多角形で切り抜くことができました。

正多角形で切り抜いた画像

シェイプエディターのサイズを「6」にした場合、正六角形で切り抜くことができます。

正六角形で切り抜いた画像

修正が必要なときは

もし、切り抜いた位置を変えたいときは、レイヤーダイアログから、レイヤーマスクをアクティブ(選択中)にしましょう。

レイヤーマスクをアクティブにする

レイヤーマスクをアクティブ(選択中)にすることができたら、ツールボックスから「移動」ツールを選び、正多角形の部分にマウスポインタを持っていき、ドラッグすることで位置を修正することができます。

Link移動ツールの詳しい使い方はGIMP 移動ツールの使い方【初心者ナビ】
切り抜いた位置を調整

おわりに

GIMPで正三角形や正六角形で切り抜く方法をご紹介しました。シェイプエディター(Gfig)を利用することで、画像の一部分を正多角形で切り抜くことができます。また、レイヤーマスクで図形以外の部分を隠しているだけなので、簡単に修正をすることができます。ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク
よろしければシェアお願いします
同じカテゴリーのコンテンツ一覧