GIMP 綺麗な三角形を描いてみよう

GIMP 綺麗な三角形を描いてみよう

GIMPで、きれいな三角形を描きたいんだけど、どうやって描くんだろうって困っていませんか?GIMPで三角形を描く方法はいくつかあります。

今回は、GIMP初心者のあなたでも簡単な操作で綺麗な三角形を描く方法を2つご紹介します。

それではさっそく、図形を描いてみましょう。

スポンサーリンク

GIMPで綺麗な三角を描く2つの方法

いつものようにGIMPを起動して、新しい画像を作成してキャンバスを開いておきましょう。

テキストツールから描く方法

正三角形を描く場合の一番簡単な方法は、ツールボックスから「テキストテキストツールアイコン」ツールを選び、キャンバスにキーボードから▲(三角)を入力しサイズを調整しましょう。

Linkテキストツールの詳しい使い方はGIMP 文字を入力してみよう【初心者ナビ】
Linkツールボックスの表示設定はGIMP ツールボックスの設定をしてみよう
テキストで三角

三角形が描けたら、ツールボックスの「回転回転ツールアイコン」ツールなどを使うと、自由に回転することができます。

Link回転ツールの詳しい使い方はGIMP 回転ツールの使い方【初心者ナビ】
三角を回転

ツールボックスから「矩形選択矩形選択アイコン」ツールを使って、三角形に長方形をつけたら矢印にもなったりします。

Link矩形選択ツールの詳しい使い方はGIMP 矩形選択ツールの使い方【初心者ナビ】
矢印

シェイプエディターで描く方法

メニューバーからフィルター下塗りシェイプ(Gfig)をクリックしましょう。

シェイプ(Gfig)を選択

シェイプエディターが開きます。「正多角形の作成」を選びましょう。

ここでは三角形を描きたいので、ツールオプションのサイズを「3」にして、「輪郭を描画する」を有効、三角形の色を設定、ブラシの形状を設定しましょう。ここではブラシの形状を「1. Pixel」にしました。

「塗りつぶし」を「色で塗りつぶす」に選択すると、三角の内側も色がつきます。
シェイプエディターの設定

設定ができたら、シェイプエディターにマウスポインタを持っていき、中心から外に向けてドラッグしていくことで、キャンバスにきれいな三角形を描くことができます。三角形が描けたら「閉じる」をクリックしましょう。シェイプエディターで描いた図形は「GFig」というレイヤーが自動作成されます。

やり直したいときは一つ前の作業に戻りましょう。
三角を描く

綺麗な三角形を描くことができました。

シェイプエディターで三角形を描く

シェイプエディターのツールオプションから「参照」をクリックすると、「ブラシのダイアログ」が開きます。あなたの好きなブラシを選ぶことで、輪郭の太さや形を変えることができます。

シェイプエディター参照

おわりに

GIMPで簡単な三角形を描く2つの方法をご紹介しました。どちらの作業も簡単に三角形を描くことができます。作業しやすい方でいろいろ試してみてくださいね。

合わせて読みたい
よろしければシェアお願いします
同じカテゴリーのコンテンツ一覧