GIMP 画像の端をめくれた風に加工してみよう

GIMP 画像の端をめくれた風に加工してみよう

GIMPでは簡単に画像の端をめくれたような感じに加工できるフィルター機能があります。写真などの画像の端を、ペロッとめくれたような感じにする加工をページカールとかページめくりといいます。今回は、ページめくりに加工する方法をご紹介します。

それではさっそく、画像を加工してみましょう。

スポンサーリンク

GIMPで画像の端をめくれたように加工する方法

フィルター機能の「ページめくり」で画像の端をめくれた感じにする作業はとっても簡単です。下の手順に沿って、いっしょに画像を加工してみましょう。

Link写真にめくれた感じの影を付けたいときはGIMP 紙がめくれたような感じの影をつけてみよう

画像を開こう

GIMPを起動したら、はじめに加工したい画像を開きましょう。

加工前の写真

ページめくりの設定をしよう

画像を開いたら、メニューバーからフィルター変形ページめくりをクリックしましょう。

ページめくりを選択

ページめくりのダイアログが開きます。めくる位置、めくる向き、巻き上がった内側に影を付けるかどうか、巻き上がった外側の色を設定し「OK」をクリックしましょう。

ここでの設定は、めくる位置を右下、めくる向きを垂直、影あり、巻き上がった外側の色設定を描画色と背景色(描画色(黒色#000000)、背景色(白色#FFFFFF))にしました。

ここではプレビューを見ながら設定できません。
ページめくりのダイアログ

出来上がり

ページめくりを確定すると、めくり部分のレイヤーが自動作成され簡単に画像の端をめくれた感じにすることができました。

元画像の一部分は市松模様となり透過(透明)します。
ページめくりを適用

やり直したいときは

ページめくりのフィルター機能は、プレビューを見ながら加工することができません。イメージとちがうときは、一つ前の作業に戻しましょう。

Link一つ前の作業に戻したいときはGIMP 一つ前の作業に戻してみよう【初心者ナビ】
スポンサーリンク

ページめくり効果の場所を指定してみよう

めくる位置の設定では、左上、右上、左下、右下、から選ぶことができますが、選択範囲を作成することで、めくる位置を指定することができます。

選択範囲を作成しよう

たとえば、ツールボックスから「矩形選択矩形選択アイコン」ツールを選び、キャンバスの右下に選択範囲を作成します。

Linkツールボックスの表示設定はGIMP ツールボックスの設定をしてみよう
Link矩形選択ツールの詳しい使い方はGIMP 矩形選択ツールの使い方【初心者ナビ】
選択範囲を作成

ページめくり効果を適用しよう

選択範囲を作成したら、メニューバーからフィルター変形ページめくりをクリックし、ダイアログからページめくりの設定をして効果を適用しましょう。

ページめくりの設定

出来上がり

このように選択範囲内にページめくり効果を付けることができます。

Link加工した写真を保存するときはGIMP 作成した画像を保存してみよう【初心者ナビ】
選択範囲内にめくれ効果

おわりに

GIMPで写真などの画像の端をめくれたように加工する方法をご紹介しました。「ページめくり」は、すごく簡単な操作でめくれた感じに効果をだすことができます。プレビューを見ながら加工することができないので、設定をいろいろ試してみてくださいね。

合わせて読みたい
よろしければシェアお願いします
同じカテゴリーのコンテンツ一覧