GIMP 文字をかすれた風にしてみよう

GIMP 文字をかすれた風にしてみよう

GIMPで文字をかすれた感じ(グランジ風)にしたいんだけど、どうやったらできるの?って思っていませんか?今回は文字をちょっと汚れた雰囲気に加工する方法をご紹介します。

それではさっそく、文字を加工した素敵なデザインで画像を作成してみましょう。

スポンサーリンク

文字をかすれた(グランジ)風にする方法

下のような文字を加工する手順のご紹介です。

かすれた文字のサンプル画像

文字を入力しよう

GIMPを起動してキャンバスを開き、ツールボックスから「テキストテキストツールアイコン」ツールを選び、かすれさせたい文字を入力しましょう。

Linkツールボックスの表示設定はGIMP ツールボックスの設定をしてみよう
Linkテキストツールの詳しい使い方はGIMP 文字を入力してみよう【初心者ナビ】
キャンバスに文字を入力

レイヤーマスクを追加しよう

文字を入力したら、レイヤーダイアログのテキストレイヤーの上で右クリックレイヤーマスクの追加をクリックしましょう。

レイヤーマスクの追加

レイヤーマスクの追加ダイアログが開きます。

レイヤーマスクの初期化方法は「完全不透明(白)」を選択して「追加」をクリックしましょう。

完全不透明(白)を選択

テキストレイヤーの横にレイヤーマスクが追加されました。

レイヤーマスクが追加

ブラシを設定しよう

つぎにツールボックスから「ブラシで描画ブラシで描画アイコン」ツールを選びましょう。

Linkツールボックスの表示設定はGIMP ツールボックスの設定をしてみよう
Linkブラシで描画ツールの詳しい使い方はGIMP ブラシの使い方【初心者ナビ】
ブラシで描画ツールを選択

ブラシの形状は、いろいろな種類がありますが、ここでは「Grass」を選び、キャンバスにマウスポインタを持っていきブラシのサイズを調整しましょう。

キーボードの[ レフト・ブラケット、] ライト・ブラケットを押すことでブラシのサイズを調整することができます。
Linkマウスホイールでサイズを調整したいときはGIMPのブラシサイズをマウスホイールで操作しよう
ブラシのサイズを調整

かすれた感じにしてみよう

ある程度ブラシのサイズを調整することができたら、マウスを移動しながら少しずつ左クリックしてイメージしているかすれた感じに文字全体を加工していきましょう。

作業をやり直したいときは作業履歴ダイアログから戻すか、レイヤーマスクを白色(#FFFFFF)で塗りつぶしましょう。
ポンポンポンと左クリック

レイヤーマスクを適用しよう

イメージ通りに文字を加工することができたら、レイヤーマスクの上で右クリックしてレイヤーマスクの適用をクリックしましょう。

レイヤーマスクの適用をクリック

出来上がり

これで文字をかすれた感じにすることができました。

かすれた文字の完成
スポンサーリンク

おわりに

GIMPで文字をかすれた(グランジ)風にする方法をご紹介しました。ブラシの形状やサイズによって、かすれた感じの雰囲気も変わってきます。いろいろ試してみてくださいね。

合わせて読みたい
よろしければシェアお願いします
同じカテゴリーのコンテンツ一覧